チャップアップシャンプーは弱酸性で出来ている

弱酸性が望ましい理由

物質には性質と言うものがあり、弱酸性もその性質のひとつです。そして人間の肌も、年齢や健康状態などによって変化することはありますが、本来はこの性質であると言われています。しかし世に出回っているシャンプーなどの多くはアルカリ性です。つまり肌とは正反対の性質のものでケアを行っていると言うことです。

ただシャンプーの場合、代わりにリンスやトリートメントなどが酸性であることが多いため、それを使用することで性質のバランスを保つことができています。ですがやはりアルカリ性のものを利用するのは負担が大きくなりやすいと言われており、そのためシャンプーなどは弱酸性のものが望ましいとされています。

 

チャップアップシャンプーはアミノ系です

シャンプーなどの性質を見極める上で注目したいのが、配合されている洗浄成分です。この洗浄成分にアミノ酸系の成分が配合されていると、そのシャンプーは弱酸性だと理解することができます。アミノ酸は人間と肌と同じ性質であるためです。ただしアミノ酸を配合していても、アルカリ性成分や石油系成分を配合しているものもあるので注意が必要です。

しかしチャップアップシャンプーは、洗浄成分としてはアミノ酸以外の成分を一切、配合していません。独自に5種類のアミノ酸だけを組み合わせているので、頭皮に対しての刺激を排除することができます。ですから頭皮のことを思うのであれば、チャップアップシャンプーはとてもおすすめのシャンプーです。

参考サイト:チャップアップシャンプー口コミ.com